新規登録(無料)  |  サンプル  |  掲 示 板  |  買物籠を確認/注文
Home |  会社概要 |  漢方精力剤 |  ダイエット |  女性用媚薬 |  漢方薬 |  同仁堂 |  片仔廣 |  サンプル |  漢方情報 |  買物籠を確認 
メンバーID:
パスワード:
 
パスワードを忘れた方
長期的な円安及びEMS国際郵便送料上昇のため、弊社は本日より送料を1700円に変更します。20000円以上ご購入頂くと送料は無料です。ご不便をおかけし申し訳ございません。
     
   無料で試用

   漢方精力剤
        
   女性用媚薬
        
   ダイエット
              
   漢方薬
                                                           
   同仁堂
                       
   片仔廣
     
   健康美容
        
   中国茶
              
   中国 煙草



現地中国からの直送 ください


郵便コードを入れてください
EMS番号









携帯でもお買い物できます。
i-mode/Vodafone/ezweb
http://www.kanmototou.com/i/




 人気商品 TOP15
1  繊之素カプセル2代
2  秀諾OBプロテイン
3  蟻力神(イーリーシン)
4  唯美OB蛋白痩身素
5  LIDO SPRAY(リドスプレー)
6  連戰七天
7  威哥王(ウェイカワン)
8  愈消散(ユシヨウサン)8805
9  巨人倍増
10  冠元顆粒
11  蔵秘雄精 12錠(2瓶)
12  眠楽夜来香カプセル
13  威龍(イリュウ)

 推薦商品 TOP15
1  広西玉林の正骨水(45ml)
2  三便宝カプセリ(8錠)
3  牛黄清心丸(日水清心丸)/6丸
4  威哥王(隠し発送)
5  復方丹參滴丸
6  勃 楽
7  蟻力神(香港版)
8  珊瑚癬浄
9  片仔廣(へんしこう)
10  複方土槿皮酊
11  前列康
12  消渇丸
13  胆石通カプセル
14  快胃片(24錠)

 アクセス回数 TOP15
1  ファットバーナー・(FAT BURNERS 4) (681321回)
2  巨根 (きょこん) (27447回)
3  New 超級脂肪燃焼弾 (26827回)
4  巨人倍増 (25101回)
5  コリアンスリム1(美体型) (24954回)
6  冠元顆粒 (23616回)
7  LIDO SPRAY(リドスプレー) (23413回)
8  金嗓子喉片 (23150回)
9  威哥王(ウェイカワン) (21151回)
10  10mg曲美+5mg曲美 (19496回)
11  VigRX(ビグレックス) (18086回)
12  威龍(イリュウ) (17750回)
13  蔵秘雄精 12錠(2瓶) (17742回)
14  三便宝カプセリ(8錠) (17517回)
15  唯美OB蛋白痩身素 (16790回)


 漢元堂激安精力剤 -> 漢方情報 -> アルツハイマー病は糖尿病の類似疾患

アルツハイマー病は糖尿病の類似疾患

[ 人気度:1230 ]     漢方情報一覧

アルツハイマー病が進展するにつれて、脳内での細胞死や神経原線維変化など、その原因が解明されていなかった所見の多くは、脳内のインスリン産生能の低下などインスリン情報伝達の異常に起因するという研究結果が、医学誌「Alzheimer’s Disease」11月号に掲載された。このことから、アルツハイマー病が神経内分泌疾患とほぼ同じものか、あるいは別のタイプの糖尿病であることが考えられるという。 

米ロードアイランド病院の神経病理学者でブラウン大学医学部病理学教授のSuzanne M. de la Monte氏らは、脳でのインスリン産生と、アルツハイマー病患者ではその生産能が低下していることを報告しているが(3月7日付既報)、今回はさらに「Braak病期(Braak Stages)」に基づいて、異なる病期に診断されたアルツハイマー病患者45例から生検で脳組織を採取し、アルツハイマー病を発症していない人から採取した組織標本と比較した。 

アルツハイマー病で主に損傷を来す前頭葉のインスリン値およびインスリン受容体の機能を評価したところ、アルツハイマー病初期段階で脳内のインスリン値とそれに関連する細胞受容体の量が急激に低下し、重症度が進むにつれ、インスリン値が低下し続けることが明らかになった。また、アルツハイマー病の指標となるアセチルコリン値の低下が、インスリン値の減少とインスリン様成長因子の機能低下に直接関連することが判明した。 

病期が最も進展した段階では、インスリン受容体が正常脳に比べ約80%低下していた。これらに加えて、インスリンとインスリン様成長因子-Iが細胞受容体に結合する能力が失われることなどが、細胞死につながることが明らかになった。 

de la Monte氏は「認知能力に関わる神経伝達物質、エネルギー代謝の低下、進行期の特徴である神経原線維変化をもたらす異常など、今回の研究成果は、こうした幾つかの概念を1つにまとめ、アルツハイマー病がまさに”3型糖尿病”と呼ぶことができるものであることを示している」という。 

米インディアナ大学加齢研究センター、アルツハイマー病・神経精神疾患センター所長代理で精神医学教授のHugh C. Hendrie博士は、今回の研究は、糖尿病治療薬がアルツハイマー病の治療に用いることができる可能性を裏づけるものとして評価しながらも、「アルツハイマー病の危険因子としては、高血圧や炎症など多くの因子がある。このため、現時点でアルツハイマー病を糖尿病などの内分泌疾患の枠にはめ込むのは時期尚早であると考える」と述べている。 

一方、米コロラド州立大学生物医学科学部教授のDouglas N. Ishii氏は、ラットの研究で、インスリン様成長因子を注入すると学習能力および記憶力のいずれの低下も抑制できることを明らかにしており、インスリンおよびインスリン様成長因子がアルツハイマー病の進行を抑えるのに重要な役割を果たすとみている。 



 オメガ-3脂肪酸を豊富に含む食品がド...  薄毛の原因
 マグネシウムでメタボリックシンドロー...  心臓によい脂肪酸を多く含むブタが誕生
 適度な飲酒の健康効果に疑問...  家族がアルツハイマー病になったら
 天才と凡人の違いは脳の成熟パターンに...  わさびやからしに反応するのは単独の受
 腸洗浄剤が慢性腎不全の原因に...  低塩ダイエットは心臓病リスクを高める
 肥満は考えられているほど危険ではない...  唾吐き検診で癌(がん)を発見
 分裂を重ねた幹細胞が癌化...  加工肉と赤身肉の多量摂取が膵癌リスク
 放射線医不足でマンモグラフィー受診が...  悪性乳癌(がん)でのハーセプチンの有
 しっかりケアで首元まで若々しく!...  タバコが美肌作りを妨げる理由とは?
 夏がやってくる前に光老化をストップ夏...  野菜のパワーで免疫力を高めよう
>> 一覧    >> 一覧    
ご利用規約 | 会社概要 | I-mode | 欠品登録 | パスワードを忘れてしまった方 | 掲 示 板
漢元堂の医師: 王文義 | 侯筱魁 | 孫月華 | 丁美修 | 張偉 | 杜ェ航   メールが届かないお客様へ
Copyright © Kanmototou.com All Right Reserved 2004-2019
© 許可無く当サイト内コンテンツの無断転載、複写をすることを禁じます
FAX番号:0086-591-83847568 (中国)